<店主:マサコのプロフィール>

栃木県出身
東京農業大学短期大学栄養科卒業
栄養士・調理師の資格取得
ヨックモック・オッジ・ドンクなどの企業で
企画開発部(新商品開発)の仕事を10年間経験
その後独立して、洋菓子店をオープンさせた後
『さつま芋』に特化した『栃木屋要吉』を
平成6年11月:杉並区永福町でオープン
平成21年4月3日:東村山に移転してオープン
現在に至る

<趣 味>

ピアノ
(いけばな松風)
蕎麦打ち(蕎麦web大学/link)
食べ歩き(お蕎麦やさんで美味しい日本酒)

温泉&旅行

<つぶやき>

『さつま芋』という農作物相手のお菓子作りは、
蕎麦打ち、酒造りにも似ている
毎年・毎年・・・その時の気候によって品質が変わり
何年続けても、最高の出来は僅か・・・
新芋は澱粉質が多すぎて、扱いにくく
酵素が働き過ぎた芋は、澱粉が糖化し過ぎてやりにくい
食べるのは一瞬だけど、作るとなると大変だ・・・
だけど、これが面白くてたまらない・・・

<大好きな言葉>

益子の陶芸家:人間国宝の浜田庄司の有名な言葉
浜田氏が長い年月を掛けて生み出した柄杓掛けという技法がある。
一抱えもあるような大皿に、柄杓で釉薬を実に軽妙に掛けていく。
所要時間は約15秒。この皿が何百万の価格となる。

 それを見たある人がこう言った。
「何百万円のものにかける時間が15秒というのはあんまりじゃないか」と。
その問いに、浜田庄司は即座にこう答えたという。

 『15秒プラス60年と考えていただきたい』

終わりなき職人人生の深い言葉
私もこうありたい。。。

 

 

<当店看板商品:要吉ポテト>

<島岡達三氏:直筆書>

<島岡達三氏:器>


 

所 在 地

〒189-0014
東京都東村山市本町
2-24-21
TEL

042(397)7667

営 業 時 間


9:30~18:30

定 休 日


月 曜 日



※ホームページ作成キット
良心的で私のお薦めキット

※ネットでのお買い物に限り
カード支払いが出来ます